日本の看護は素晴らしい!でも、看護師は?

日本の看護は素晴らしい!でも、看護師は?

  • 2016年10月31日
  • コラム
日本の看護は素晴らしい!でも、看護師は?
日本の看護は素晴らしい!でも、看護師は?

様々な国の看護現場を見学して思うことは、日本の看護は素晴らしい!ということ。一方で「看護師は?」というと海外の看護師はとても明るく、楽しんで看護を行っているのに対し、日本の看護師は苦しみ身を削って看護をしているように思える現状がありました。

世界でも引けを劣らない看護を行っていながら、看護師が疲弊し、離職者が後を絶たない日本の看護の現状。これを誰かが考えてくれればいいのではなく、自分たちでまず「どうしたいのか?」という意識を持つ、看護の明るい未来を創造する場をITを使いつくりあげていきたいと考えています。

まずは、現状を知ることから始める必要があるのではないか?日本では?各都道府県では?海外では?どのような看護を実践しているのかも紹介していきます。

中 友美
A-LINE株式会社 代表取締役社長 シンカナース編集長
北区医師会看護高等専修学校 東京都立公衆衛生看護専門学校 東洋大学文学部国文学科 明治大学大学院グローバルビジネス研究科 経営管理修士(MBA) 日本大学大学院総合社会情報研究科 博士後期課程在学中 ニュージーランド留学 A-LINE株式会社/代表取締役社長 東京医科歯科大学非常勤講師 著書『わたしの仕事シリーズ2 看護師』新水社