看護補助加算

看護補助加算はここ10年、2年毎の診療報酬改定の度に評価の引き上げがある注目の項目です。特に夜間急性期看護補助体制加算を取得することによる増収の見込みもあり、より上位の加算取得を目指されるためには、看護助手の安定供給も必須となります。加算取得とコストのバランスなども含めたコンサルティングを行なっております。加算取得に必要な時間数を導き出し、継続的に加算が取得出来る体制にするには、事務方及び看護部との連携が欠かせません。部署間のブリッジとしての役割も担うことでスムーズかつ確実な加算取得のサポートをいたします。

image

タスク・シフティング

医師の働き方改革への本格的な着手が求められる中、医師の労働時間削減は急務となっております。一方で、推進されている医師からタスク・シフティングを受ける看護師の業務を整理しなければ、医師から看護師へのタスク・シフティングの実現には至りません。まず看護師から看護助手へのタスク・シフティングを迅速に実施し、結果として、看護師が医師からタスク・シフティングを受ける時間を捻出することを実現するためのサポートをいたします。

image

外国人看護助手との協働

看護助手の確保は、病院経営の安定化に大きな影響をもたらします。看護補助加算の取得及び看護師から看護助手へのタスク・シフティングを行う上でも看護助手の存在意義は高まる一方です。しかしながら少子高齢化に伴う人口構造の変化は労働人口の減少を招き、多くの病院様で看護助手の確保困難というお声を耳にいたします。シンカナースでは、優しく活気のある外国人看護助手との協働を推進しております。

image