シンカナース編集長 中 友美

代表取締役社長 中 友美

看護を進化させるウェブメディア
『シンカナース』

看護を進化させることで明るい医療の未来を創る

医師数300,000人程に対し、看護師数は1,600,000人程を占める、まさに医療職最大人員は「看護師」となります。
看護が進化すれば超高齢化時代に安定した医療提供が可能となり、医師の働き方改革においても病院経営を安定化させる一助となる。看護の進化こそが、明るい医療の未来を創るとシンカナースは考えます。

① 価値観の合う職場を自ら選ぶ

条件面だけで病院を選ぶことから脱却します。紹介会社を使い、条件面でマッチングを行うことによる就職後トラブルは後を絶ちません。
職場選びは看護師という資格を用いて仕事をする、重要なポイントになります。しかし、看護学生の最終学年は、実習、論文、国家試験など、とても忙しい時期であることから「条件面」で就職先を選んでしまいがちです。
また、転職する際も紹介会社を利用することで「条件」は合っていても、自分の思っていた看護が出来ないと、次の転職に繋がる事例が後を絶ちません。進化した看護師であれば「価値観」を基準に納得した病院選びをして欲しい。
シンカナースでは、理事長、病院長、看護部長など、病院経営者サイドのインタビューを通じて病院の指針や価値観を分かりやすくお伝えし、自ら「価値観の合った職場」を選べるサポートをいたします。

② 経営者、管理者、他職種の思考を学ぶ

豊かな看護観を構築する上で、経営者や他職種、時に他国の方々の思考を学ぶことは大切な要素です。多様な患者さんのニーズに応える看護師になるためにも、井の中の蛙になることなく、幅広い視野を持つことは、進化した看護師と言えるでしょう。

③ 看護が進化するために必要な情報を厳選

看護師は交代勤務もあり、時間配分の難しい仕事でもあります。そこで、情報を選択して取得することが大切。
シンカナースでは、看護が進化するために必要だと思われる情報を厳選してお届けます。海外の医療事情、医療材料、医薬品、外国人労働者など医療の未来に関連する情報はシンカナースを通じて取得することが可能です。

シンカナース株式会社
代表取締役社長 中友美