『看護助手の管理に手が回らない』A-LINEにご相談ください!

現状でも人材不足がおこっている医療・介護分野は、超高齢化に伴い、更に人材不足が加速していくと予想されます。
人材不足はサービスの質低下のみならず、職員の離職率増加にも直結するため、問題発生とともに出来る限り早急に解決したい!とお考えの人事担当の方が多いのではないでしょうか。
人材不足を解決する上でのキーパーソンとなるのは、アクティブシニア、そして年々拡大を続ける、留学生・外国人だと私たちは考えます。
一方で、医療・介護経験のないアクティブシニアや、文化や言葉の壁がある留学生・外国人をいきなり現場に投入しても、現場でのトラブルが発生するに違いない、そうお考えになる医療・介護機関様への私たちの回答が“分業化”と適切な“人材マネジメント”です。
既に欧米諸国では、移民との協働が医療・介護分野でも進んでおり、業務の切り分けによる分業化は一般的となっています。
一方で、日本で医療・介護現場に勤務するスタッフは、海外での現状を知らないため、年代や文化の違うスタッフの協働に不安を持つこともあると考えられます。
そこで当社では、海外での事例や、異文化スタッフとのチームビルディング等の研修もご用意しております。
アクティブシニア、留学生・外国人のチカラを鍵に、看護師や介護福祉士がより専門性に特化した業務に専念できる仕事環境を実現し、人材不足の解決および質の向上を提供する。それがA-LINEのサービスです。