No.24 サンダーさん(レストア川崎)「高齢者をサポートできる素晴らしい仕事」

No.24 サンダーさん(レストア川崎)「高齢者をサポートできる素晴らしい仕事」

  • 2017年7月26日
  • A-LINEの取り組み インタビュー
No.24 サンダーさん(レストア川崎)「高齢者をサポートできる素晴らしい仕事」
No.24 サンダーさん(レストア川崎)「高齢者をサポートできる素晴らしい仕事」

第24回目のインタビューは、レストア川崎に勤務する介護スタッフ、サンダーさんです。

彼女はミャンマー人のスタッフです。A-LINEでは学生時代からアルバイトをしてくれていました。

ミャンマーから来日して7年。

日本語でのインタビューも難なくこなすスキルを身につけ、優しさあふれる性格も相まって、利用者さんからの信頼を確実に高めています。

そんな彼女から、介護施設で働くことの魅力について話を聞くことができました。

 

 

高齢者をサポートできる素晴らしい仕事

 

この施設で働いていて楽しいと思うことはどんなことですか? 

 

サンダー:利用者さんとコミュニケーションをとったり、いろいろな話をすることが楽しいです。

職場のスタッフの皆さんも楽しくて優しいです。

 

日本に来てどのくらいですか? 

 

サンダー:今年で7年目です。

 

この施設ではどのような仕事をしていますか? 

 

サンダー:今まではできていたのにできなくなってしまった利用者さん、例えば歩けなくなってしまった人を歩けるようにサポートする仕事をしています。

 

 

わからない仕事や難しいと思うことはありますか? 

 

サンダー:最初の頃は、利用者さんにとってどうすることがいいことなのかわからないことがありましたが、スタッフの方たちが教えてくれたので今はできるようになりました。

 

何時から何時までの勤務ですか? 

 

サンダー:8:30〜17:30までの勤務です。

 

仕事以外で楽しいことは何かありますか? 

 

サンダー:仕事が終わってからスタッフの方たちと一緒に食事に行って、いろいろな話をすることが楽しいです。

 

スタッフの皆さんとはプライベートでも楽しんでいるのですね。 

 

サンダー:はい、そうです。

 

 

日本で介護施設で働くということは、なかなか同じ国の人でもできない経験だと思いますが、やってみてよかったと思うことはどんなことですか? 

 

サンダー:最初は心配なことがたくさんありましたが、今は仕事も慣れてきて楽しい職場でよかったなと思います。

 

サンダーさんが笑顔で仕事している姿や、楽しく生活している姿を見るとご両親も安心するでしょうね。 

 

サンダー:そうですね。去年ミャンマーに帰ろうと思ったのですが帰れなかったんです。

母から「いつ帰って来るの?」と言われたので、今年は帰って仕事の話もたくさんしたいと思います。

 

仕事中に利用者さんと話すことが多いと思いますが、話の中で勉強になったり学ぶことはありますか? 

 

サンダー:日本に来て7年目ですが、まだまだわからない日本語ががたくさんあるので、利用者さんが丁寧に言葉を教えてくださいます。

 

 

利用者さんとも仲良くされているんですね。 

 

サンダー:はい。最初は言葉がわからず話が合わないこともありましたが、今はコミュニケーションが取れるようになって、楽しく過ごしています。

 

これから介護施設や医療現場で働きたいと思っている人たちにメッセージをお願いします。 

 

サンダー:高齢者をサポートできるこの仕事は、とてもいい仕事だと思います。

最初は不安もあると思いますが、この仕事に興味がある人たちはぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

施設概要

 

レストア川崎の概要はコチラから

 

中 友美
A-LINE株式会社 代表取締役社長 シンカナース編集長
北区医師会看護高等専修学校 東京都立公衆衛生看護専門学校 東洋大学文学部国文学科 明治大学大学院グローバルビジネス研究科 経営管理修士(MBA) 日本大学大学院総合社会情報研究科 博士後期課程在学中 ニュージーランド留学 A-LINE株式会社/代表取締役社長 東京医科歯科大学非常勤講師 著書『わたしの仕事シリーズ2 看護師』新水社