No.19 鈴木恵美子様(一般社団法人横浜メディカルグループ本部様)「実習で知った看護の奥深さ」1/5

No.19 鈴木恵美子様(一般社団法人横浜メディカルグループ本部様)「実習で知った看護の奥深さ」1/5

  • 2017年6月6日
  • インタビュー
No.19 鈴木恵美子様(一般社団法人横浜メディカルグループ本部様)「実習で知った看護の奥深さ」1/5
No.19 鈴木恵美子様(一般社団法人横浜メディカルグループ本部様)「実習で知った看護の奥深さ」1/5

第19回目のインタビューは、横浜メディカルグループの鈴木恵美子本部看護部 看護部長です。

菊名記念病院をはじめとする、グループ内にある11の病院・施設の看護部をまとめる鈴木看護部長のその手腕に迫ります。

 

インタビュー第1部は、鈴木看護部長が看護師になるきっかけ、看護学校の思い出について伺っています。

 

おぼろげな記憶が導いた”看護師”という進路 

 

看護師になろうと思われたきっかけはどのようなものだったのでしょうか? 

 

鈴木:もともとは保母さんかスチュワーデス(当時の呼称)になりたかったんです。

スチュワーデスは身長が足りない事と、それなりの勉強をしていなかったので到底無理だと断念・・・。

それならば保母さんになろうと考えていました。

進路選択をする時期になり、保健師をしていた叔母から「手に職を持つなら看護師よ」というアドバイスを受けたことがきっかけになったように思います。

自分から「看護師になろう!」とは思っていなかったんです。

また、私がまだ小さい頃でしたが、母が自宅で祖母を介護していたのを見ていて、その光景が子どもながらに心に残っていたことも影響していると思います。

当時は全然わからなかったのですが、骨まで見えるほどの大きな褥瘡が仙骨部にできていて。

そんな祖母を母が甲斐甲斐しく介護をしていた姿が印象に残っていて、「おぼろげながらの記憶」と「叔母のすすめ」この2つが進路の選択に影響したかと思います。

元々人が好きなので、反応が返ってくる仕事、つまり人と接する仕事がしたいとも思っていました。

 

看護師になることを決意されてから看護学校に進学し、看護学校時代に思っていた看護のイメージとの違い、ギャップはありましたか? 
鈴木:叔母に勧められたまではよかったのですが、恥ずかしながら看護学校に行くと決めたものの、入学試験があることを知らなかったんです(その時の時代です)。

無事に受験を終えて大学病院付属の看護学校に入学後、勉強が進んでいく中で、それまではそんなに「勉強が好き」というタイプではありませんでしたが、比較的勉強をするようにもなりましたし、「看護は自分に合っているのかな」と思うようになりましたね。

今と違って昔は先生方や臨床指導者の方たちは厳しくて。

「こんなに学習が足りない状況で実習に来ても検査は見せないわよ」などと指導されながらも成長できました。

実習中に「辞めたい」「つらい」という同僚と励まし合いながら、一緒に卒業でき たことが1番よかったのかなと思います。
実習で印象に残っていることはありますか? 

 

鈴木:実習で肝臓がんの寡黙な男性の患者さんを受け持ったのですが、それをきっかけに「看護って深いな」「答えがないな」と考えるようになりました。

寡黙な人に対してどうアプローチして、どこまで看護実践できるのか、日々自問自答しながら関わって、自分自身が成長できましたね。

 

看護実習は厳しい思い出もありますね。 

鈴木:我々の時代は実習は怖かったですし、厳しかったですね。

同僚もつらかったのか、学校や実習を休んだりして。

そうするとグループの責任だということで、リーダーである私の責任となることもありました。

当時は先輩や患者さんから厳しくお叱りを受けることもありましたが、そこでの学習や経験が今も活きていると思いますね。

また辛いだけではなく、実習グループで励ましあって乗り越えられたこともとても良かった経験ですね。

 

今発揮されているリーダーの能力は学生時代からリーダーの役割を発揮されていたのですね。 
鈴木:自分から進んでなったわけではないですが、性格柄、誰もやらないのであれば「やります」という感じでしたね。

 

一般社団法人横浜メディカルグループ本部に関する記事はコチラから

・No.19 鈴木恵美子様( 一般社団法人横浜メディカルグループ本部様)2/5

・No.19 鈴木恵美子様( 一般社団法人横浜メディカルグループ本部様)3/5

 

病院概要

一般社団法人横浜メディカルグループ本部の概要はコチラから

 

 

中 友美
A-LINE株式会社 代表取締役社長 シンカナース編集長
北区医師会看護高等専修学校 東京都立公衆衛生看護専門学校 東洋大学文学部国文学科 明治大学大学院グローバルビジネス研究科 経営管理修士(MBA) 日本大学大学院総合社会情報研究科 博士後期課程在学中 ニュージーランド留学 A-LINE株式会社/代表取締役社長 東京医科歯科大学非常勤講師 著書『わたしの仕事シリーズ2 看護師』新水社