看護助手インタビュー #03  アクティブシニア

看護助手インタビュー #03  アクティブシニア

  • 2017年4月11日
  • 看護助手の取り組み
看護助手インタビュー #03  アクティブシニア
看護助手インタビュー #03  アクティブシニア

A-LINE株式会社に派遣登録し、医療の現場で看護助手として働くスタッフをご紹介します。

アクティブシニアスタッフ:須川 春夫さん

生年:1961年 国籍:日本

「ありがとう」のお言葉に、嬉しさを実感。

経理畑出身の私にとって、医療機関での仕事は初めての体験でしたが、3ヶ月が経つ頃には基本的な流れは身につけることができました。患者さんたちは、ベッドの柵の拭き掃除などの際に、お身体が大変なのにも関わらず「ありがとうございます」と声をかけてくださいます。私がお役に立てているのだと、嬉しさを実感しますね。

アクティブシニアスタッフ:鈴木 茂子さん

生年:1954年 国籍:日本

患者様たちとのコミュニケーションも大切に。

実は私自身、過去に1年近い入院生活を経験しました。入院中の患者様たちのお気持ちは多少なりとも分かるので、お声掛けいただいた時には、少しでも癒しになればと、短い会話を楽しんだりしています。私の力は些細なものですが、患者さんや看護師さんたちの役に立てているのだという充足感は、とても大きいものがあるんですよ。

シンカナース 編集部
日本の看護環境を3A(安全/安心/明るい)にする情報サイト「シンカナース」編集部です。